百瀬智之 元衆議院議員 オフィシャルサイト

百瀬智之 元衆議院議員 百瀬智之 元衆議院議員

Policy

地方政治から、
日本を変える。

百瀬智之は、全員に等しくチャンスや機会が開かれているオープンな社会
結果よりも挑戦そのものに価値が置かれるアグレッシブな社会
いつでも何度でもやり直せるポジティブな社会を目指しています。

Profile

1983 生まれる

波田総合病院(現:松本市立病院)にて産声をあげる。
建築士の長男として、政治とは無縁の家庭に生まれる。
バブル景気(1986~)が到来するものの、幼く実感はない。


1989 東筑摩郡山形村立山形小学校入学

2年時から地元のサッカークラブに所属。
日本経済はバブル崩壊期。
Jリーグが誕生(1993)、ますますサッカーに力が入る。
6年時に児童会長を務める。


1995 松本市山形村朝日村中学校組合立鉢盛中学校入学

サッカー部に入部。
得意科目は社会科。
3年時に生徒会長、サッカー部主将を務める。
ジョホールバルの歓喜(1997)に沸く。
長野五輪が開催(1998)され、世界を身近に感じる。


1998 長野県立松本深志高校入学

サッカー部に入部。
得意科目は世界史と日本史。
東海村で国内初の臨海事故発生(1999)。
学生ながらに、どことない社会不安を感じる。


2002 中央大学法学部法律学科入学

法学部に進学、上京する。
衆院選(2005)で自民圧勝、郵政民営化法案成立。
ライブドア・楽天がTV局株大量取得。
東京で時代の変わり目を目の当たりにする。


2006 上智大学法科大学院入学

第一次安倍内閣、突然の退陣(2007)
というニュースを傍らに法律とにらめっこする。
勉強の息抜きは世界史の本を読む時間。


2009.3~2013.3 学習塾経営

地元に帰郷。
「面白い歴史の授業をしたい」と学習塾を設立。
教え子の日々の頑張りに触発され、
子どもたちが夢を持てる地方をつくろうと決意。
時に民主党が圧勝し、政権交代が実現(2009)。
時代も大きく動いていた。


2012.12~2014.11 衆議院議員

「地方活性化!」を合言葉に、国政選挙に初挑戦。
地方分権改革・道州制の推進を訴えて政治の世界に入る。
総務委員・国土交通委員・農林水産委員・環境委員など歴任。
議員連盟は環境系に力を入れる。


2015.4~2020.2 長野県議会議員

農林委員、建設委員、産業委員、環境委員などを歴任。
SDGsの時代へ。
環境先進都市、上高地線のトラム化、再生可能エネルギーをシンボルとした新市役所、
女鳥羽川周辺の賑わい創出、徒歩20分圏内の職場・遊び場・居住地づくり。
これらを掲げて松本市長選挙に出馬し、県議を辞職。


2021 New Stage

・・・≪活力ある地域づくりに向けて、現在も全力!≫・・・

Private

趣味:サッカー、ランニング、ドライブ
特技:歴史講座(You Tubeにて配信中)
尊敬する人:アンリ4世
座右の銘:乾坤一擲

略歴年表

1983年2月長野県生まれ
1995年3月山形小学校卒業
1998年3月鉢盛中学校卒業
2001年3月長野県立松本深志高校卒業
2006年3月中央大学法学部卒業
2008年3月上智大学法科大学院修了
2012年12月衆議院議員に就任
2015年4月長野県議会議員に就任